行政書士とは

a0036_1024x768.jpg cosmos行政書士とは行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、顧客から依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成や提出手続の代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行う者のことをいいます。

行政書士の中で、入管(ビザ)申請等の業務を専門にし、一定の基準を満たしたうえで入国管理局へ登録(届出)をしている者が申請取次行政書士です。
申請取次行政書士だけが、申請人本人に代わって入国管理局へ申請書類の提出をすることができます。

申請取次行政書士にビザ申請の依頼をすれば、申請人本人は混雑する入管局へ行く必要がなく、 順番待ちのために貴重な一日を費やす必要がなくなります。(入管局から本人の来局を求められた場合を除きます)

日本には行政書士のほかに、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、弁理士などたくさんの法律専門職が存在し、それぞれ定められた業務の範囲があるため、お客様の必要とする手続きが行政書士の専門外となる場合もあります。そのようなときはお客様のご希望によって、その分野の専門家を無料でご紹介させていただいております。

gyoseishoshi logo 60percent
行政書士のロゴには、調和・真心を花言葉とするコスモスの花がデザインされており、社会調和を図り誠意をもって公正・誠実に職務を行うという行政書士の使命を象徴しています。


ページトップへ戻る